ブラッシング 方法


厚生労働省認可の育毛剤はBUBKA
↑↑↑
30日間全額返金保証 / 定期購入で毎回無料でサプリもらえます!

間違ったブラッシングの方法!

ブラッシングは適度な頭皮への刺激を与えることで抜け毛対策にもなるとかいていたのですが、

やり方を間違えると逆に抜け毛を増加させたり、髪の毛にダメージを与えることとなってしまいます。
どのようなときにそのようになるのかというとこの3つ。

 

  • 乾燥した状態で行う
  • 毛の根元からブラッシングをする
  • 流れに逆らって行う

 

 

乾燥した状態で行う

髪の毛にとって静電気はダメージの原因となります。
そうならないためにもブラッシングをする前に洗い流さないトリートメントや、オイルなどを使って髪の毛を保護してあげる事が大事です。

 

 

毛の根元からブラッシングをする

抜けてしまった毛を取り除くのはブラッシングの一番の役割でもあるのですが、
毛先からではなく、根本からブラッシングを行なってしまうと絡んでしまっている髪の毛も一緒に引きぬいてしまうんです。

 

髪の毛は一生で24回しか生え変わらない(こちらを参照)と言われているのに関わらず単なるブラッシングで髪の毛を抜いてしまうことがハゲへと進んでいることはわかってもらえるのではないでしょうか?

 

そうならないためにも毛先側からブラッシングを行い、絡んだ髪の毛はゆっくりと解いて上げる事が大切です。

 

 

流れに逆らって行う

髪の毛はキューティクルという成分が周りを覆っているのですが、
これは髪の毛の毛先へ向かってウロコのようについています。

 

毛先への流れに逆らってブラッシングを行うとキューティクルが開いてしまい、
髪の毛の水分や栄養が外に出やすく、傷みやすい髪の毛となってしまいます。

ブラッシングは髪の毛を整える役割もあるにも関わらず、
流れに逆らって行い髪の毛を傷めつけてしまっては本末転倒です。

正しいブラッシングの方法は?

正しいブラッシングは上にも書いているように、
「髪の毛を保護した状態で、毛先から流れにそって」行うことです。

 

髪の毛の見た目をきれいにすると同時に、頭皮への刺激で抜け毛対策にもなってくれるので、正しい方法でブラッシングをしてあげましょう!

間違ったブラッシングの方法!記事一覧

ブラッシングの意外と知られていない驚きの役割!

ブラッシングといえば髪の毛の絡みを解くものですが、実はそれ以外の役割も合ったということを知っていたでしょうか?実はブラッシングには抜け毛の対策となる役割もあったのです。ブラッシングで抜け毛対策?と思うかもしれません。ブラッシングをすると髪の毛が引っ張られます。その時に髪の毛が引っ張られることで頭皮へ...

≫続きを読む


ホーム 管理人のおすすめ 返金保証付き育毛シャンプー 口コミ情報