病的脱毛 自然脱毛


厚生労働省認可の育毛剤はBUBKA
↑↑↑
30日間全額返金保証 / 定期購入で毎回無料でサプリもらえます!

病的脱毛と自然脱毛の違いとは?

脱毛には大きく分けて2種類あります。

 

毛髪の寿命で抜け落ちる生理的な脱毛(自然な脱毛)と、何らかの病的要素により抜け落ちる病的な脱毛です。どちらの原因で脱毛したかを正しく理解しないと対策も出来ません。

 

生理的な原因での脱毛の場合は身体的に発毛のメカニズムが弱ってきている状態なので育毛シャンプーや育毛剤などを使うことで弱った機能を活発化させることで抜け毛の対策することが可能です。

 

しかしながら、病的脱毛の場合は育毛剤などを使用して効果があまりなく、専門医による治療が必要となるのです。

 

病的な脱毛症で有名なものが「円形脱毛症」

みなさんは円形脱毛症ということばを聞いたことがあるのではないでしょうか?

これが病的脱毛症でもっとも有名なものです。

 

円形に脱毛するという特徴の脱毛症ですが、重症だと頭髪全体が脱毛してしまうというケースもあります。

 

その他にも「トリコチロマニア」「脂漏性脱毛症」「粃糠性脱毛症」などなど…たくさんの脱毛症があり、自分で「これは病的脱毛症だ!」と判断するのは難しいと思います。

 

そこで、簡単に判断出来る方法をご紹介します。(あくまで簡易的なものです)

 

人は1日に約90本?120本の脱毛があると言われています(年齢により差があります)
これは自然な脱毛ですので全く問題はありません。

 

その抜けた毛髪を3日間集め、15センチ以上のものと、15センチより短いものに分類します。もし15センチ以下の毛が全体の3分の1以上ある場合は、なんらかの病的な脱毛症だという可能性が高いです。その場合は育毛剤などに頼るのではなくまず、医師に相談してみましょう。

 


ホーム 管理人のおすすめ 返金保証付き育毛シャンプー 口コミ情報