石油系シャンプー 頭皮


厚生労働省認可の育毛剤はBUBKA
↑↑↑
30日間全額返金保証 / 定期購入で毎回無料でサプリもらえます!

石油系シャンプーは避けるべき!

石油系シャンプーは洗浄力、泡立ち、洗い上がりもよく見える、良い香りがありなおかつ安価であるというのが特徴です。

実際にほとんどの市販されている製品がこの石油系シャンプーの部類に入るでしょう。

 

ゆえにかなりの人が石油系と呼ばれるシャンプーを使用しているのですが、
薄毛や抜け毛に悩んでいるのであれば石油系は絶対に避けるべきです。
その理由はこの一言につきます。

 

頭皮へのダメージが大きい!!

 

なぜ石油系シャンプーは肌へのダメージが大きいのか詳しく見て行きましょう。

石油系シャンプーがダメなたった一つの理由!

なぜ石油系シャンプーは肌へのダメージが多いかというと、
洗浄力が強すぎるからです。

 

洗浄力が強すぎると必要以上に頭皮の皮脂を洗い流してしまいます。
そして、頭皮が失われた皮脂を補おうとして皮脂を出すのですが、
皮脂がなくなりすぎていると、必要以上に皮脂を出してしまう傾向になります。

 

そうなると頭皮はギトギトした感覚となり、本人は頭が気持ち悪いからまた強い洗浄剤で洗うという悪循環になり、
頭皮に障害が起こり、健康な状態を保てなくなることで、フケや抜け毛の原因となってしまうのです。
石油系シャンプーは安価に作ることができるので安く購入できるというメリットがあるのですが頭皮の健康を悪くしてしまいがちなのです。

 

石油系シャンプーの悪循環

 

飲食店に務めたことがあるならわかるかもしれませんが、
洗浄力の強い洗剤で食器を洗ったりしていると手の荒れがひどくなったりしませんか?
水に触れることが多い職種では「手の荒れ」がひどいと言われるのは常に手の油分が奪われているからなんです。

 

それと同じように頭皮も油分が必要以上に失われてしまうのはトラブルの原因となるのです。

石油系シャンプーの成分は?

それでは石油系シャンプーにはどのような成分が含まれているのでしょうか?
主によく見る成分でいうとこのようなものがあります。

 

  • ラウリル硫酸塩(Na,K,TEA,アンモニウム)
  • ラウレス(ポリオキシエチレンラウリルエーテル)硫酸塩(Na,TEA)
  • コカミドDEA
  • ホシレンスルホン酸アンモニウム
  • パレス-3硫酸塩(Na,TEA)、ステアリン酸グリセル

 

 

このラウリル硫酸塩というのは工業用でも使われる成分で「エンジンの油落とし剤」「洗車用洗剤」にも使われます。
これを頭に使うってすごいと思いませんか?
とはいえラウリル硫酸がシャンプーに使われていることが多いのが現実です。

 

もちろん少量であればいいのですが、あまりにも多すぎると当然良くありません。
多いかどうかを確かめるにはシャンプーの成分表を見てみてください。
シャンプーに含まれる成分が多い順番に書かれてるので最初の方に石油系洗浄成分が入っているのは避けるようにしましょう。

 

▼頭皮や育毛の環境作りに適したシャンプー▼

 

⇒ アミノ酸系シャンプーとは?


ホーム 管理人のおすすめ 返金保証付き育毛シャンプー 口コミ情報