石鹸シャンプー デメリット


厚生労働省認可の育毛剤はBUBKA
↑↑↑
30日間全額返金保証 / 定期購入で毎回無料でサプリもらえます!

石鹸シャンプーのデメリットは?

石鹸シャンプー

比較的に体や環境にいいといわれる石鹸シャンプーですが、

ほかのシャンプーと同じくデメリットがあります。

 

はたして石鹸シャンプーのデメリットとはなんなのでしょうか?
見ていきたいと思います!

 

大きく分けるとデメリットこの二つ。

 

洗い上がりがごわつく
フケやかゆみが出やすい

 

ここからそれぞれの石鹸シャンプーのデメリットを詳しくみていきます。

洗い上がりごわつく

使い始めたときはかなりの違和感があるのではないでしょうか?
なぜごわつくかというと石鹸シャンプーがキューティクルを開かせるからです。

 

市販されている石油系のシャンプーであればシリコンなどで
キューティクルが開くのを抑えてくれているので気にならないのですが、
石鹸シャンプーにはその作用が無いのでどうしてもごわついた感じになってしまうのです。

 

お酢やクエン酸などのリンスを使うと軽減はしますが、
なれるまではかなりの違和感があると思います。

 

一度この状況を経験したいのであれば石鹸で髪の毛を洗ってみてください。

 

フケやかゆみがでる

フケやかゆみは長い間石油系シャンプーを使ってきたのであれば

石鹸シャンプーに変えてから半年ほど悩む問題です。

 

先程書いたように石鹸系シャンプーはキューティクルが開いてしまうので、
その開いた部分に石鹸成分が残ってしまいフケの増加の原因となってしまいます。
これを防ぐためにもしっかりと洗って上げる事が大事なのです。

 

また長い間石油系シャンプーを使っていると頭皮にシリコンなどが大量に残っています。
石鹸シャンプーに変更することでシリコンが減っていき頭皮が皮脂の調節に苦労してしまいかゆみの原因となります

 

例えるなら日課ができない日って調子が狂いませんか?
毎日一定量やることが決まっているのに、毎日やる量が変われば違和感を感じるはずです。
それが頭皮でも同じように起こり皮脂分泌の調子を狂わせてしまうのです。

 

かゆみについては石鹸シャンプーを使い続けていると
シリコンがなくなり必要な皮脂の量も安定するのでかゆみはなくなってくれるのですが、
治るまでの期間が長いことが多く石鹸シャンプーを挫折する方も多いようです。

結局石鹸シャンプーはいいの?

ここまで石鹸シャンプーのデメリットを見てきましたが、
あくまでも個人差はあり、最初から違和感を感じない人もいればずっと治らない人もいます。
特に症状がひどい方であればこういったことが原因で石鹸シャンプーの使用をやめる方もいるようですが、
シャンプーは体に直接触れるものなので個人差がどうしても出てきてしまいます。

 

なのでどのようなシャンプーであってもいい!と確実に言えることはなく、
個人個人が一度試してみる必要があるのです。

 

 

>>管理人が一番おすすめする育毛シャンプーはこちらから!


ホーム 管理人のおすすめ 返金保証付き育毛シャンプー 口コミ情報